お役立ちマネーコラム/お金の基礎知識から最新トピックスまで

家計のマネーコラム一覧

家計

使わなくなったモノをお得に賢く処分する方法

使わなくなったモノをお得に賢く処分する方法

職場での異動が決まったり、新居を購入したりして引っ越しすることになった際、困るのが不用品の処分です。捨てるのはもったいない気もするし、捨て方にも決まりがありそうで、迷ってしまいがちですよね。そこで今回は、不用品を賢く処分する方法をお伝えします。

橋本 絵美

不用品を処分するにはお金がかかる!

高いお金を出して買ったものほど、大きく、処分にお金がかかります。粗大ごみ料金はいくらかかるかご存知ですか?例えばカラーボックス400円、子ども用自転車400円、サーフボード400円、電子ピアノ2,800円です。(※自治体によって異なる)また、すぐ捨てたいと思っても予約が必要で、今日の明日で回収してもらえるわけではありません。買うのにお金がかかったのに捨てるのにもお金をかけるなんて…この費用何とかならないものでしょうか。

処分料金を下げる賢い捨て方

実はもとは粗大ごみであっても30センチ以内になるようにカットすれば普通ごみに出すことができます。(※自治体による)また、収集に来てもらうのではなく、集積場に持っていくことで、大きさに関わらず1つ一律300円といった料金で処分してくれることも。手間はかかりますが、処分料を少しでも節約したいならこんな方法もあるのです。自治体によって対応は異なりますので、捨てる前に確認してください。

不用品がお役立ち品に変わる!?

モノを処分する方法は捨てることだけではありません。譲る、寄附することができるのをご存知ですか? 我が家で不要になったものでも他に必要な人がいるかもしれません。まずは周りに声をかけてみましょう。意外と「え!?いいの!?買おうと思っていた!」という人がいたりします。もし、スペースがあるようでしたら「ご自由にどうぞ、○日に処分予定」などと貼って置いておくというのも手です。また、物品寄附を集めて発展途上国などに送る活動をしている団体があります。送料は基本的には寄附する側の負担となりますが、持込可能な団体もあります。捨てられなくて困っているものが誰かの役にたつのは嬉しいですね。

不用品で小遣いをGET

不用品を売ってお金に変えることもできます。一番手っ取り早いのがリサイクルショップへの持ち込みです。高価なもの、きれいなモノであればリサイクルショップで買い取ってくれます。

もう少しお金にしたいなら、オークションやフリマアプリで自分で売るのがおススメです。リサイクルショップで高価で買い取ってもらえるようなものはもっと高値で売れることが多く、買い取ってもらえないようなものでも買い手がつくこともあります。(※販売禁止品もあり)出品は簡単で、スマホで撮影し、出品に必要な情報を指示に沿って順番に入力するだけ。試しにアプリをダウンロードして出品してみてください。不用品がどんどん売れていくので、ハマる人続出です。

 

不用品処分は捨てるのが一番てっとり早い方法ですが、捨てることに抵抗があって、モノを溜め込んでしまう人が多いのも事実。譲る、寄附する、売ることで捨てなくても済むのです。ぜひこの機会に全部まとめて上手にお得に処分してしまいましょう!


暮らしのお金についての「困った!」を解決します。