お役立ちマネーコラム/お金の基礎知識から最新トピックスまで

マネーコラムTOP

必ず節約が成功するシンプルな3つの方法

必ず節約が成功するシンプルな3つの方法

家計を改善したいと思って節約を頑張っても効果を出すのはなかなか大変です。節約を成功させるにはコツがあります。今回は8人家族の家計を切り盛りする筆者が必ず節約が成功するシンプルな3つの方法を解説します。

橋本 絵美
「家庭の窓口」人気No.1メニュー ライフプランシミュレーション

必ず節約が成功するシンプルな3つの方法

必ず節約が成功する方法はこの3つです。

1解約する

2安いものに変更する

3支払方法を変える

では一つずつ見ていきましょう。

 

1解約する

そもそも優先度の低いもの、満足度の低いものは思い切って解約しましょう。あまり活用できていないもの、なくても困らないものは解約しても生活の満足度は下がりません。支出自体をやめることが大きな節約になりますが、節約自体を頑張る必要がないので、ケチケチすることも心が貧しくなることもないでしょう。

 

モノの片づけの場合も同じなのですが、「かも」と思うものはいったん手放します。使うかも、便利かも、と「かも」がつくような場合は一度解約してみましょう。やはり必要と思ったらまた契約すればいいだけです。

 

2安いものに変更する

同じものでも安く購入できる物やサービスがあります。

家計の大きな割合を占めている住居費はローンの場合であれば金利の低い金融機関に借り換える、賃貸の場合であれば家賃の安いところに引っ越すことで節約になります。保険や通信費、光熱費は契約している会社を変えるだけで同等のサービスでも安くすることができます。

 

解約違約金や初期費用がかかり、変更を躊躇する人も多いですが、どれくらいの期間で元がとれるかをしっかり数値でシミュレーションしましょう。

かかった費用÷月あたりの節約額

で何か月で元がとれるかが簡単にわかります。

 

 

食費や日用品などは同じ物でも店によって値段が違います。全てを最安値で購入するために店をハシゴすることは時間のロスなのでおすすめしませんが(時は金なりです!)全体的に安い店に変えるだけで、1、2割支出を削減することができるかもしれません。

筆者自身、引っ越しに伴ってスーパーAからスーパーBに変わっただけで食費が1割下がり、スーパーBよりも少し遠いスーパーCに変えると更に2割下がりました。安いものを買う、のではなく、安い店で買うだけで節約することができます。

 

 

3支払方法を変える

今のままどうしても続けたい!という支出でも支払い方法を変えるだけで安くすることができます。例えば月々支払いをしている固定費の場合は年払いにすると割引を受けられることが多いです。

 

現金や口座振替で支払いをしている場合はクレジットカード払いが可能であれば、クレジットカードで支払いをすることでポイントを貯めることができます。

 

〇〇payと言ったQRコード決済は最近また高還元率のキャンペーンをしています。20%還元などのキャンペーン対象であれば実質2割引きということになりますし、クレジットカードでチャージをすれば、クレジットカードのポイントも貯まりポイントの二重取りができます。レジなどに掲示されているポップや決済アプリをチェックしてみましょう。

 

このように同じものを利用しても支払い方法を変えるだけで数%から数十%の節約ができることになります。

 

 

月々の支払はこの3つの方法で必ず安くすることができます。通帳、クレジットカードの明細を準備して、ひとつずつ支出を確認しながら、どの方法が可能か考えてみてください。生活費が削減できたら、プチ贅沢をするもよし、貯蓄にまわすもよし、投資にまわすもよし。生活が豊かになる方向にお金の使い道を変えてみましょう。

 

※本コラムは楽天証券<お金と投資をもっと身近に>投資情報メディア「トウシル」にて執筆したコラムを転載しております。

暮らしのお金についての「困った!」を解決します。