相談事例

お申し込みのきっかけ、相談事例をご紹介

住宅購入の予算を知りたいオンラインご夫婦

近いうちに住宅購入を考えており、どのくらいの物件であれば無理なく買えるか、予算を知りたい。

担当FPのコメント

ライフプランシミュレーションで教育費や老後資金を貯められつつ購入できる予算を一緒に確認することになりました。

対象のFP相談

運用にまわせる金額を知りたいですオンラインシングル女性

資産運用をしたいと考えているが、今ある資産のうちいくらを資産運用に回していいのか知りたい。

担当FPのコメント

今後のライフプランをお聞きし、直近で必要となるお金を計算して残りの分を資産運用に回せる旨アドバイス致しました。

対象のFP相談

退職したので保障を見直したいです対面相談リタイヤご夫婦

早期退職して末の子供が大学4年生。今後の死亡保障がいくら必要か見直したい。認知症になった場合の保障も気になっている。

担当FPのコメント

親世代の介護が現実化したため、自分のことに置き換えて心配されていました。掛捨ての認知症保険と、貯蓄性のものを比較できるよう、ご提案したところ、今あるお金を大切に減らさないという観点から、貯蓄性の方が良いかなという印象をもたれたようです。

対象のFP相談

資産運用を始めたい対面相談シングル女性

資産運用を始めたいが、NISAやiDeCo、どの制度を使えば良いかアドバイスが欲しい。

担当FPのコメント

運用の目的は老後資金作りでした。制度の説明と老後資金に必要な金額を概算で計算し、運用スタートをお手伝いすることになりました。

対象のFP相談

住宅購入を考えていますオンライン子育てファミリー

今まで何度か住宅購入を考え物件を見に行ったりしていたが、購入に至らず。また最近購入を考え始めた。

担当FPのコメント

希望予算の住宅を購入してライフプランが成り立つか、無理なく購入できる住宅価格の上限はいくらか、を確認するためにライフプラン・シミュレーションを行うことになりました。

対象のFP相談

実家の相続が不安です。オンラインシングル女性

実家が農家。父親がすでに亡くなっていて、祖父母が亡くなった場合、相続がどうなるのか不安。また、名義預金がある場合、税金がかかると聞いたので対応策を知りたい。

担当FPのコメント

お話の中で、どれぐらいの相続税が発生するのかわからないことがご不安だとわかったので、相続続税申告可否の判断するため現時点の相続財産の評価を、農地の評価に慣れている税理士に相談することをお勧めしました。また、相続時の名義預金対策としては、実際の通帳の管理や入出金の記録、贈与契約書の作成等いまからでも有効な案をお伝えしました。

対象のFP相談

年金が少なく将来が不安ですオンラインシングル女性

70代女性一人暮らし。年金が少なく、将来の見通しを不安視。現在も月数万円程度の勤労収入あり。

担当FPのコメント

余裕はないものの、預貯金と貯蓄性保険・運用資産で今の生活は継続できる見込み。介護費用の捻出は厳しいため、費用は一部お子さまに負担してもらえないか話し合うことになりました。

対象のFP相談