住宅購入相談お客様インタビュー02

FP相談のおかげでお金の心配がなくなり、
理想の家に巡り会えました。
世田谷区 K様 30代ご夫妻 お子様3歳と0歳

住宅購入相談のトップにもどる

住宅購入相談のきっかけを教えてください。

もともと、住宅購入相談があるということは知っており、2年前、手始めに保険の相談をさせて頂きました。
その後、家を買う段になり、教育費だとか、将来かかる費用を考慮に入れたうえでの、購入可能な物件の価格帯を知りたくて、再度ご相談に伺いました。また、物件を購入するのを抜きにしても、人生全体のお金というものを見てもらいたい、ということもありました。

住宅購入相談

ライフプラン結果を見た時にどのように感じましたか?

子供3人でも意外といけるな、という感想でした。私(妻)が復職することについて、感情の面だけでなく、「これくらいの時期に仕事に復帰すればいいのだな」と、具体的にお金や時期の面が分かり、安心材料になりました。

マンションと戸建ての比較についても、購入後の費用も含めると、マンション、戸建てそれぞれいくらまでなら購入可能、ということが分かりました。さらに、車は何台持つ予定だとか、自分達のライフスタイルでいくと老後はどうなるのか、そういうことも含めて将来が明確になりました。

ライフプラン

家探しは順調に進みましたか?

いえ、最初は試行錯誤があり、自分たちであちこち見ているうちに、近くにあった新築で格安だけれど日当たりの悪いマンションを買おうとして、申込みまで入れてしまいました。でも、こんな暗い部屋で育児をするのかという不安もあり、FPさんに急きょ購入前日に相談させていただきました。すると、すぐにFPさんと不動産のプロの方が検討会をして下さり、「その物件はやめた方がいい」という納得のいく理由をはっきりと教えていただけました。マンションを売ろうとする業者さんも口が巧いですよね。「今買って後で売ればいいんだよ」とか。でも、そもそもいま安いものが高く売れるわけない、というのが自分一人じゃ見抜けなかったので、助かりました。

担当FPの印象はどうでしたか?

アドバイスが的確でありがたかったです。特に物件探しに行き詰まって、何を基準に物件を判定すればよいか分からなくなった時がありました。その時に、FPさんにもう一度ライフプランの面談をしましょうと言われ、宿題を出されました。夫婦の話し合いをして、家を買うに際しての優先順位を立ててきて下さい、というものでした。それも人生のステージ毎に考えるやり方を教えてもらいました

実際にやってみると、意外と夫婦の間で家に対して求めているものが違っていることが分かりました。当初は主人の実家に近い郊外がよいと考えて探していたのですが、私(妻)の仕事復帰を考えると、都心に近い方がよい、むしろ都心でないと仕事と子育ての両立が大変だということが分かりました。今だけじゃなくて、これからの人生のことを見た時に、都心寄りの方がいいのかなという考え方も出てきました。

それまでは都心に近いものは高いから無理だと思い込んでいましたが、調べてみると極端に高いわけではなかったんです。数は多くなかったけど、私たちが購入できる範囲の物件も丁寧に探せばあるということが分かりました。そういった心身の整理ができたのはFPさんのおかげです。

FP相談

優先順位がはっきりしてから、家探しに変化はありましたか?

夫婦でよく話し合ったり、都心の友人の家庭を参考にしたりしていくうちに、何を大事にすべきかが明確になってきました。色々と新築も見て回ったけれども、最近の物件は気密性が必要とかで、窓が小さかったりするものもあり、そういった物件は自分が好きじゃないということも分かってきました。そんな中、良い巡り会わせがあって、これだ!と思えるような物件を見つけることができました。今の物件は売主さんが、窓と天井をできる限り大きくしているということを聞いて、心に響いたものがありました。

実際に住んでみて、日当たりのよさ、明るさというものをとても気に入っています。

優先順位がはっきりしてから、家探しに変化

FP会社の不動産仲介サービスを利用していかがでしたか?

普通の所だと、やはり売りたいから営業活動になってしまいがちで、物件の欠点が見えなくなってきますけれども、物件をフラットに評価してくれる、客観的に物件を評価してくれるのがありがたかったです。後は、一軒家を買うとなったら、ご近所さんに変な人がいないかとか、音がうるさくないかとかも調べてくださって、安心感を得ることができました。物件についての常識みたいなものを教えて頂いて。良い物件はすぐなくなって、悪い物件はいつまでも残っているとか。私たちだけではどういう物件が良い物件なのか、わからなかったけれども、話を聞いていくうちに、今回購入できた物件がいかに良いものだったのかということも理解できるようになりました。

また、探し始めてすぐにいいなと思う物件があったのですが、あっという間に他の方が買ってしまったということがあり、びっくりしました。不動産の購入って意外とスピーディーなので、不動産探しの情報で、すぐFPさんにライフプランを作りなおして頂いて、という動きができてよかったです。

満足度の高い住宅取得ができた決め手は何だったのでしょうか?

こういう物件がほしいという条件がはっきりした時に、それに合った物件が出てきたように感じます。出てきたタイミングで、この物件の値段で行けるのかどうかをシュミレーションしていただき、お金の面から見ても大丈夫だとわかりました。
不動産とお金、両方の面から太鼓判を押されたというのは、とても安心できました。

住宅購入相談が50,000円ということで、足踏みをされる方がいらっしゃるかもしれませんが、住宅購入というのは、何千万円もする買い物なので、そこをミスするわけにはいかないと思います。なので、住宅購入FP相談というのは、まったくやって損はないというのが私たちの結論です。

これから家を買おうとしているご夫婦に対して、今だからこそ伝えたいことはありますか?

家を買いたいと思って、探し始めても、夫婦間で意見が違うことが意外とあります。友人を見ていてもそれで一年経っても決まらないということもあったりします。だから、夫婦で話し合う時間をしっかりと取って、価値観を一致させてから物件を探すというのが非常に大事だと思います。物件について、何を求めるのかをしっかりと決めて探していかないと、いい物件には巡り合えないと思います。

後は、無理をして買っても、例えば子供が小さいうちは問題ないかもしれないけど、教育費が大きくかかってくるときに、自分が必死で働かなきゃいけなくなるのは嫌だと思いました。その点お金のプロに、自分たちが想像しえない先の未来まで考えてくださった上で、「これなら大丈夫ですよ」と教えてもらえるというのは、心の平静につながります。

そういう安心感を得るのにFP相談はお勧めです。

私たち「家計の窓口」のファイナンシャル・プランナーが対応いたします。

私たち「家計の窓口」のファイナンシャル・プランナーが対応いたします。