家計の窓口の「住宅購入サポート」とは

住宅購入相談のトップにもどる

私たちは、希望の暮らしができる住まいと巡りあって頂くことを大事にしています。住宅購入というのは、一生に一回かもしれない大きな買い物です。初めてでも、経験豊富なFPや専門家のアドバイスを受けながら、迷いなく、納得安心の選択をして頂くためのサポートが、家計の窓口の住宅購入相談です。

失敗しない住宅購入はライフプランから

住宅購入のよくある失敗例

こんな心配がある方には、住宅購入相談がお勧めです!

住宅購入のよくある失敗事例をご紹介しましょう。まず、家を探すために、駅前の不動産仲介業者さんに行ったとします。すると、大体どこにどんな家が欲しいか聞かれ、次に年収を聞かれます。年収や家族構成などを話すと、あなたの場合はいくらまでローンが組めるので、この値段の物件が買えちゃいますよという話をされます。そして、その価格帯のものをどんどん紹介されます。値段が高いものほどいいものが多いので、ちょっと無理してでも買いたくなり、契約してしまうわけです。しかし、家計の状態はまったく考えずに物件を決めてしまったため、住宅ローンが始まると思っていた以上に生活がキツくなり、困ってしまうというケースです。こんな風に、買ってから後悔しないようにするために、ライフプランが大切になってきます。やはり、自分にとって過大な負担とならない予算をしっかり把握しておくことが大事ですね。

後悔しない住宅取得はライフプランから

貯金や年収から「6000万円のお家が買えますよ」と言われたとしても、本当に無理なく返済していけるのか。奥様の仕事の有無や今後の予定、お子様の人数、今後の教育進路などはご家庭によって、その答えは違います。だからこそ、お客様の今後の収入支出の予定を細かく見ていき、資金面からご希望の暮らしが実現可能かシミュレーションすることが重要となります。お客様と一緒に、未来の見取り図を作っていくんですね。家族が一生涯幸せに暮らしていくため、お客様の夢や希望・今後の生き方を一緒に整理していくのがライフプラン相談です。

ライフプランを作りますと、「無理なく買える住宅購入額の上限」がはっきり分かります。そうすると、例えば、4000万円の物件は無理なく買えるけれども、4500万円を超えると教育費や老後資金をはじめ、他のライフイベントにこれだけしわ寄せが来てしまう。それでも踏み切るに値する物件なのか?ということを購入前に考えることができます。ライフプランを作ることで、予算や家を買う目的がはっきりしているので、価格で気持ちがブレたり、「お買い得物件ですよ」と言う言葉に振り回されるということが非常に少なくなるんですね。その結果、満足度が高い住宅取得を実現されたお客様をたくさんみてきました。

物件紹介サポートの魅力

家計の窓口が物件サポートを始めた理由

家計の窓口が物件サポートを始めた理由

『家計の窓口』はファイナンシャルプランナーの会社です。基本のサービスメニューはお金のサポートです。ですから、購入可能な予算を確認したり、資金計画を考えたり、住宅ローンや団体信用生命保険を選ぶにあたってのアドバイスをしたりいたします。また、団信を組むと生命保険を見直して節約できる可能性があるので、生命保険の確認もします。そういったお金のところを見ていき、最後には確定申告・住宅ローン控除を受けるためのご案内をします。

けれど残念ながら、お金のところできちんと計画を立てただけでは、お客様が満足できる住まいにたどり着けないケースもあります。契約ファーストな業者さんが多く、結果として希望に合っているか曖昧なままいつのまにか商談が進むという残念なケースが多々あるのです。希望よりもかなり高い物件を強く勧められ、押し切られて買ってしまう方もいらっしゃいます。ですので、お金のところだけではなく、お客様が安心して任せられる形で住宅取得までできるサービスも必要なのではないかということを考えました。

不動産業者は数多くありますが、そこのところは見ずに年収だけみて物件を勧める業者さんが、残念ですけどまだまだ結構いらっしゃるんですよね。そういう業者さんにあたりますと、お客様にとって一番幸せな住宅取得にならないケースがあります。ですので、物件取得に関しても、応援できるしくみを作っております。

物件仲介サポートの流れ

物件に関するサポート

住宅購入相談において、物件選びにも弊社のフォローがほしいというご希望を頂いた場合は、不動産仲介チームが動きます。要所ごとに、仲介チームと担当FPが連携してお客様と連絡を取り合います。ご希望や予算が変わった場合は、FPが話を聞いてもう一度優先順位を整理したり、ライフプランを作り直したりして、それで進めてよいかということを、一緒に一生懸命考えます。お客様がよくわからないまま重要な判断するということがない形で、サポートさせて頂いています。

物件購入とFPサポートが並走するメリット

住宅購入の際は、人生でめったにしない大きな決断を、立て続けにどんどんしないといけません。かなり短い期間に、「このお家を買うかどうか?」という決断を迫られます。購入決定後は、住宅ローンをどの金融機関のどの金利で組むかも決めないといけません。住宅ローンが決まったと思えば、次は団信、火災保険…。ということで、今まで全く知識のなかったことを短期間で次々に決断していくことになります。考える期間が数週間、短い時だと数日しかなかったりすることもあります。そのときに、悔いのない決断をするためのお手伝いをするのが、私たちの仕事です。目をつぶって「えいやっ!」と決めて大間違いをしないように、正しい決断をするための情報や考え方をご提供します。

例えば住宅ローンの選択一つにしても、私たちですと過去の金利の動向やどんな金利タイプがあるか、今、多くの方がどういう考えでどういう選択をされているかという、生きた情報を短い時間でお客様にご提示することができます。そうするとお客様は情報を得たうえで、短時間でご判断いただけます。迷いのないご決断のお手伝いができるよう、住宅購入相談では親身になってサポートさせて頂いています。

大切にしていること①「ライフプランを踏まえた物件探し」

ライフプラン

『家計の窓口』では、お客様のライフプランを深く理解したうえで仲介サポートを行います。
不動産仲介業者さんの中には残念ながら、とにかく買ってもらえる方向にどんどんお客さんを誘導したり、煽ったりするところも。いかに買わせるかという作戦を立てるような業者さんもいます。けれど、『家計の窓口』では、お客様のライフプランが崩れるような物件は逆に買ってほしくないと思っています。数年後にお客様が後悔することのないように、納得のいく良い物件と巡りあって頂きたいと考えています。ですから、物件を褒めちぎることは一切しません。逆に、公平な視点で、物件の良し悪し、特に悪いところをきちんとお伝えします。さらに、現地調査や低周波・騒音・電磁波などの計測などをして、普通気づかないような物件のリスクがないかどうか、できる限り調べ上げます。

大切にしていること②「契約日前の書類読み合わせ」

『家計の窓口』が、もう一つ大事にしているサービスがあります。それは、詳しい物件説明と重要事項説明の事前読み合わせです。
気に入った物件があり、「この家を買いたい」ということで購入申込を入れたとします。その後、「あなたに売りますよ」ということになれば、1~2週間以内に売買契約に至るのが一般的です。そのときには、契約書を正式に取り交わして数百万円の手付金を支払います。その直前には重要事項説明書という何十ページもある専門的な内容の説明書の読み合わせをします。そのうえで、質問がなければハンコを押して契約ということになります。でも、普通のお客様にとっては、人生で初めて見る重要事項説明書です。

「この物件はどういう用途地域にあります」「こういう条例の制約がある物件です」など、さらに「このような問題点を承知の上買うものとします」といった容認事項など、色んな専門的な記載事項の説明をされても、その場で理解して納得の上で契約を締結することは誰でもできることではありません。しかし、「みんなこうやって契約しているんだから大丈夫かな…」と思いながらハンコを押して進んでしまうのが一般的なのです。けれど、相当な情報格差がある中でお客様の理解が不十分なまま契約を進めるようなことは避けたい。そんな思いから、弊社では必ず契約当日よりも前に、相手の売主さんや業者さんなど関係者がいない状態で、その重要事項の読み合わせを行っています。

契約しないといけないというプレッシャーがない状態で、読み合わせをすることが重要なのです。もし意味のわからないところがあれば、わかるまで丁寧に説明を受けることができるんですね。もしそこで希望に反する重要なことがわかり、「この契約は見合わせたいな」ということになれば、売買契約の前なのでお断りがまだ間に合います。これが契約をしてしまった後だと、「やっぱりやめます」というのはかなり大ごとになります。一般的には手付金を放棄しないと契約解除はできないからです。ですから、契約より前に、どういうお家を買おうとしているかの説明を受けられることは大切なのです。

物件購入サポートができる不動産の種類とは

では、そういったサポートができる物件の種類をご紹介します。
『家計の窓口』でサポートできるのは、基本的に、中古マンション・戸建の新築・中古物件の仲介と、土地から買って家を建てるというときの土地探しの仲介になります。ただし、一部の新築戸建ては仲介できない場合もあります。物件探しはお客様自身が行って頂くことになります。ただ、ライフプランに関わるようなところであればFPとしてサポートしますし、建物インスペクションなど不動産の専門家が必要な場合には随時ご紹介をしています。お客様が納得のうえ決断ができるようにお手伝いをさせて頂きます。

なお、新築戸建ての場合、販売元の売り方が3パターンあります。

  1. 全て自社で
    直接販売する
  2. 販売は不動産仲介業者に
    任せている
  3. 直接販売も仲介販売も
    行っている

①の場合以外は、弊社が何らかの形で物件購入サポートをすることができます。②③ですと、不動産仲介業者として窓口を務めます。その場合、仲介手数料が発生します。③の場合ですと、自分でも直接購入できるため、私どものサービスを使わずに直接購入した方が得だと思われる考え方もあります。けれど、直接購入するということは、その物件が本当に自分の希望に叶ったものか、価値のあるものか、などをおひとりで判断することになるということです。百戦錬磨のプロとの交渉も全部自分で進める必要があります。それをクリアできる自信がある方、不動産に関しての一定の見識がある方、家族に不動産に詳しい人がいる方でしたら、ご自分で直接購入もありだと思います。けれど、新築やリノベーション物件であっても「専門家に価格交渉や物件の調査などを全部してもらいたい」、「出来る限りマイペースで進めたい」「適正な報酬を払ってもいい」という方であれば、弊社の方で一緒に探していくということはできます。実際そういう形で新築の戸建てを購入されたお客さんも何人もいらっしゃいます。

住宅購入のリスクを減らす方法

住宅購入のリスクを減らす方法

買いたいものが決まっているけれども、「本当にこれを買っても大丈夫?」「ライフプランは成り立つの?」ということでご相談に来られる方も結構いらっしゃいます。今週末売買契約だという急ぎのライフプラン・シミュレーションも極力お受けしています(毎月件数限定ですが)。あとは、明らかにお客様の希望と相違がある物件を無理して買おうとされていたり、転売できるからと勧められて目的がブレたまま買おうとされていたりする場合には、家や予算のご希望をご一緒に再整理したり、コストのところでお客様の盲点になっているところがないかをお調べしたりしています。

新築マンションの中には、買いやすくするために修繕積立金などが新築当初かなりお安く設定されているものがあります。以前ご相談を受けたケースですと、修繕積立金が最初は月5000円くらいなのですが、5年ごとにどんどん上がり15年後には月2万円になっていました。固定資産税の負担増も含めると、購入当初より、年間30万円近く負担が増えることが決まっているわけです。それを知った上で購入するのか、よく認識せずに購入するのかでは、家計の未来は大きく変わります。

ある程度マンションのことがわかっていれば、購入後のランニングコストなどにも意識が回りますが、そこまで確認されないまま購入決断する方も残念ながらいらっしゃいます。購入時のお金や購入後の家計に少しでも心配のある方は、ご契約やお申込をする前に、一度FPにご相談をされて、本当に購入後に生活が大変にならないかどうか確認して頂きたいなと思います。

ハウスメーカー紹介サポート

FP会社からハウスメーカー紹介を受けるメリット

購入後の家計の確認

今までの説明は、出来上がった物件を買う際の説明になりますが、ハウスメーカー紹介というのは、そうではなくて、取得した土地に希望のお家を建ててくれる業者さんの紹介ということになります。『家計の窓口』では、ハウスメーカーや一部エリアでは工務店のご紹介も行っています。

例えば、親からの土地があったり、土地を買って自分の希望の家を建てたいということになったりすれば、どこのハウスメーカーで建てようかなということになりますよね。ハウスメーカーを選ぶとき、普通皆さんは住宅展示場に行かれると思います。住宅展示場には色んなハウスメーカーさんの、とても美しい立派なモデルハウスが並んでいます。そういうのを見ながら夢が膨らんでいきます。

ハウスメーカーとコンタクトする際の重要な注意点

実は、大半のハウスメーカーの場合、最初に担当した営業さんを変えられない、というしくみになっています。例えばモデルハウスに行くと、対応してくださる営業さんがいますよね。その時にそこで対応した営業さんが基本的にずっと担当になるわけです。しかし、経験豊富で優秀な営業さんは、土日はアポで忙しく、モデルルームでは出会えないことが多いんです。けれど、『家計の窓口』を経由しますと、一定数以上の経験・実績のある営業さんをご紹介してもらえるので、それぞれのハウスメーカーのよさを最大限に引き出した提案をしてもらえることになります。そこがお客様にとっての大きなメリットだと思います。

FPによるハウスメーカー紹介の流れ

『家計の窓口』の場合は、ライフプランで予算を決定した後に、お客様のご希望・ご要望をもとに一緒にハウスメーカーを絞り込んでいきます。『家計の窓口』では20社ほど取り扱いがありますので、その中でHP情報やカタログを取り寄せたりしながら、最終的に2~3社くらいに絞り込んでいきます。候補の会社が決まれば、それぞれの担当者に来てもらい、並行で希望条件のヒアリングや見積もりを作ってもらったり、プレゼンを受けたりします。何度もハウスメーカーさんのプレゼンの場に同席させていただいておりますが、担当者の力量によって提案力はかなりの差がでます。せっかく建てるんだったら、経験豊富な担当者から家を建てられる方が幸せだと思います。

なぜ2~3社に絞り込んで進めることが多いかというと、1社だけですと、その提案がベストであってもお客さんは比較できないのでベストかどうか判断がつきにくいからです。最低2社ぐらい比較をしながらやっていかれると経験値もいい形で高まりますよ。

しかし、複数社から同時並行でプレゼンを受けていくと、色々混乱してくることもあります。それぞれ素晴らしいご提案をしてもらうのですが、各社記載の仕方が違い、見積書を単純比較ができないことが多く迷ってしまうのです。そこでFPがお手伝いに入ります。各社の見積書を整理し直して、各々のメーカーで家を建てる際の資金計画やランニングコストを算出比較して、予算面で冷静に判断ができるようにお手伝いをしていきます。ご希望があればハウスメーカーとの打ち合わせに同席をして、時系列での記録、打ち合わせ報告書などをその都度作成してお客様に役立てて頂くというサービスも行っています。

FPが仲介役となる一番のメリットは?

ハウスメーカーとコンタクトする際の重要な注意点

お客様のご希望を色々伝えていきますと、ハウスメーカーから様々なご提案があります。例えば、壁紙の色やトイレ・お風呂を決めたり、完成現場や展示場に案内してくれたりします。各社、どんどんアピールしてきますので、そこで精神的にきつくなる方もいらっしゃいます。ですから、もし営業が少し強すぎる場合は、FPの方でセーブしてくださいということをメーカーにお伝えます。そして、最終的には1社だけを選ぶので残りはお断りしますよね。せっかく一生懸命親身にプランを作って下さったので、皆さん、断るのがすごくツラいとおっしゃいます。けれど、ご自分の希望するところで、希望通りのお家を建てていくのが本筋ですので、FPの方できちんと断りを入れさせて頂きます。ですので、お客様は自分の希望するお家を建てる方にエネルギーを集中して頂くことができます。お断りをしたあとは、しつこく営業をかけないようにこちらからハンドリングすることができますので、お客様にはとてもメリットを感じて頂いています。

自分でモデルハウスに出向き、サインしてハウスメーカーと繋がった場合は、何度断っても営業されるという話をよく伺います。ひどい場合は、夜中に何度も営業に来られるので疲れてきて契約してしまったという話を聞きました。本来望んでいない形で住宅取得が進んでしまわないようにしたいですよね。ご希望通りのお家を手に入れるためにお客様の全エネルギーを使って頂けるようにサポートしていくというのが、このハウスメーカー紹介制度になります。ハウスメーカーで建てるとなると、材質や壁紙、間取りなど全てを自分たちで決めていくので忙しいです。打ち合わせで数か月はあっという間に過ぎます。選べることが楽しみでもありますが、すごく疲れるんですね。

ですから、大切なものを決めるところにお客様のエネルギーを使って頂いて、それ以外の煩わしいことにエネルギーを使わなくていいようにするというのが私たちの住宅購入サポートです。ご利用頂いた方にはすごく喜んで頂いています。特に初めてお家を買われる方、あるいはかなりスピーディーに間違い・失敗のない住宅を購入されたい方でしたら、私たちのサービスはきっとお役に立てるはずです。