お役立ちマネーコラム/お金の基礎知識から最新トピックスまで

家計のマネーコラム一覧

家計

ライフスタイルにあわせて選びたい電力自由化

ライフスタイルにあわせて選びたい電力自由化

2016年4月から始まった電力自由化。あなたのご家庭では、どこかの電力会社に加入しましたか? 経済産業省の資源エネルギー庁に登録されている小売電気事業者は279業者。(2016年4月7日現在)このように、新しく登場した電力会社があまりに多くて、どこに決めたらいいのか迷っている方もいらっしゃるかもしれませんね。
そこで今回はTさん宅を参考に、電力会社を選ぶためのヒントをご紹介します。

前佛 朋子
  • 電力会社を選ぶ基準を決める

東京都にお住まいのTさんは、電力自由化でどの会社に加入すればいいのか迷っていました。インターネットでいろいろ見ていたら、電力自由化の比較サイトを発見。すぐに確認してみたところ、Tさん宅では今の電気代よりも安くなる会社がいくつもあることがわかったのです。

Tさんは考えました。「ただ電気代が安くなるだけの会社ではなく、生活に密着していて、メリットのある会社を選ぼう!」

そこでTさんは、いくつかの会社をピックアップして、特徴をチェックしてみたのです。

 

  • 選ぶなら普段の生活で利用している身近な会社

Tさんは、普段の生活で利用している身近な会社の中から、新しく電力の販売を始めたところをピックアップしてみました。

 

最初に選んだのは、東京電力の新しい料金プラン「スタンダードS」です。電気料金1,000円につき5ポイントのTポイントかPontaポイントがつきます。

 

次に選んだのは、ENEOSでんきの「にねんとくとく割」。家の近くにガソリンスタンドがあることから、Tさん宅では給油はENEOSを利用しています。ENEOSカードを持っていれば、ガソリンと灯油代が1リットルにつき1円引きになるほか、電気料金200円につき1ポイントのTポイントがつきます。

 

その次に選んだのは、東京ガスの「ずっとも電気1」。ここの特長は、東京ガスの都市ガスと電気をあわせた「ガス・電気セット割」にすると、電気の基本料金が1ヶ月270円割引になること。また、独自で展開するパッチョポイントが電気料金1,000円につき15ポイント付いてきて、抽選に応募できたり、Tポイントや楽天スーパーポイントなどの提携ポイントと交換できたりします。

 

10年以上auユーザーのTさんが最後に選んだのは、auでんきの「auでんきセット割」。家族の誰かがauスマホやauケータイを持っていると契約でき、毎月の電気料金から最大5%相当分がau WALLETプリペイドカードへキャッシュバックになります。

 

こうしてTさんは、たくさんの電力供給会社の中から、生活に密着した4社をピックアップしたのです。

 

  • 付いてくる特典をチェックしてみよう

ピックアップした4社の中から、どこを選ぶのがベストなのでしょうか。それぞれの会社のホームページでは、料金シミュレーションができるようになっています。そこでTさんは、現在契約中の条件で加入した場合、どれくらい電気料金を節約できるのか料金シミュレーションを使って調べてみました。その結果、電気代は東京電力>auでんき>東京ガス>ENEOSでんきと、ENEOSでんきの節約価格が最も大きくなることがわかったのです。

 

ただ、Tさんには1つ気になることがありました。「節約できる価格がいちばん大きいところを選んでも大丈夫かしら?」

どの会社も、加入者には特典が付いてきます。Tさんは「我が家にとって最もお得になる特典を選ぶのがいいのではないかしら?」と考えたのです。確かにENEOSでんきではガソリン代が安くなるのは魅力です。けれども、Tさん宅では最近、車をプラグインハイブリッド車に買い替えていました。プラグインハイブリッド車は、街乗りでは電気を使って走ることが多く、給油する機会が減っていたのです。そのため、ガソリン単価が安くなるよりも、ポイントが多く付く特典のほうがお得だと考えました。

 

そこで注目したのは、Tポイントです。Tさんが普段買い物をするスーパーでは、Tポイントでの支払いもできます。そのため、電気料金にTポイントが付くことはとても魅力的でした。

 

こうしてTさんはいろいろ検討した結果、電気代が今よりも安くなることに加えて、会社独自のポイントをTポイントに交換できる「東京ガス」を選ぶことにしたのです。そのためには「myTOKYOGAS」会員になる必要がありますが、付いてくるポイントをTポイントに交換できるので、ポイントを貯めやすいと判断しました。

 

  • おすすめはライフスタイルにあった会社

Tさん宅では、東京ガスの電気を利用することに決めましたが、あなたのご家庭では独自のライフスタイルがあると思います。電気料金が今よりも安くなることに加えて、付いてくる特典をよく見比べて、最もお得になる会社を選んではいかがでしょうか。じっくり調べて、納得のいく会社を選んでくださいね。


暮らしのお金についての「困った!」を解決します。