お役立ちマネーコラム/お金の基礎知識から最新トピックスまで

資産運用のマネーコラム一覧

資産運用

J-REITなら1万円から不動産投資ができる!?

J-REITなら1万円から不動産投資ができる!?

資産運用といえば、株や投資信託のほかに不動産も人気です。
あなたも、将来は賃料収入で暮らすことを夢見ているかもしれませんね。でも、現物不動産への投資は、最低でも数百万円の予算が必要です。
投資に回せる資金が毎月1万円の場合、数十年先にならないと不動産投資を始められません。
そこでオススメしたいのが、株式市場に上場する不動産投資信託(J-REIT)へ投資する方法です。
J-REITへ投資を行う投資信託を利用すれば、1万円からでも不動産投資が可能になります!

ファイナンシャル・プランナー ゆりもと ひろみ
J-REIT(ジェイ・リート)とは?
J-REITとは、日本版不動産投資信託のことです。株式のように上場しているため、証券口座で売買が可能です。また、数あるJ-REITをセレクトして投資する投資信託もあります。2001年9月に登場した投資商品ですが、低金利の現在であっても3%前後の分配金実績がある商品が複数あるなど、相対的に高い分配利回りが期待できる商品です。
ちなみにJ-REITのJは日本版という意味でJが付いています。J-REITは投資家から集めた資金をもとに複数の不動産を購入し、そこから得られる賃料等の収入で運用と分配が行われます。この分配金は法人税が課税される前の利益のほぼ100%を分配しているという点が特徴です。上場していますので、購入も換金も容易なのが特徴です。
 

J-REITは運用を委託した不動産投資
J-REITは株式というよりも不動産を購入しているという考え方が近いです。
J-REITは投資不動産の選定や購入不動産の管理をJ-REITに任せつつ、少額では購入することのできない都心のビルやマンションを持つことができます。また、不動産の管理で怖い空率リスクや家賃滞納リスク、改修費を心配しなくていいという点でメリットがあります。不動産には興味があるけど、空室が怖いとか、現金にあまり余裕がない方などにはおすすめの投資商品かもしれません。

不動産を買うのとJ-REITを買うのはどっちがいい?
現物の不動産を購入するのに比べてJ-REITにはどのようなメリットがあるのかを見てみましょう。大きくは3つあります。

1換金が容易 
2投資額が少額でも大丈夫
3不動産を管理しなくていい

という点です。
換金が容易なので必要なときにすぐ売却して現金に換えられます。
また、J-REITに投資する投資信託を購入すれば、数万円単位から投資が可能です。さらに、不動産はREITが管理しているので空室や滞納を心配する必要がありません。
ただし、個別のJ-REITでは取引量があまり多くなく、価格変動が大きくなりやすいので、個別のJ-REITよりも、J-REITを中心にポートフォリオを組んでいる投資信託を購入されたほうがいいでしょう。

 

J-REITの価格が下落するリスクは?
株などと比べて、価格が下がると配当利回りが高まるというメリットがあり、トータルのリターンの変動は抑えられるといえます。
また、現物不動産でも価格が下がってしまって売れないという物件もあるので、不動産投資の視点から考えると、分配金が受け取れ、いつでも換金もできるというのがJ-REITのメリットです。長期投資のポートフォリオの一部に組み入れることも一案です。
現物不動産よりも気軽に不動産投資ができ、さらに少額から物件の分散が可能となるREITは、注目したい商品のひとつといえます。
 
 
 
 

暮らしのお金についての「困った!」を解決します。