FP相談/住宅購入相談 家計の窓口「住宅購入相談」サービスについて

住宅購入相談のトップにもどる

私たちは、お客様が10年、20年、または一生涯、希望の暮らしができる住まいと巡りあって頂くことを大事にしています。住宅購入というのは、お客様にとっては一生に一回かもしれない大きな買い物です。初めてでも、経験豊富なFPや専門家のアドバイスを受けながら、迷いなく、納得安心の選択をして頂くためのサポートが、家計の窓口の住宅購入相談です。

ライフプランが大切

ライフプランが大切

 ライフプランがいかに大切かを知って頂くために、計画を立てずに住宅購入を進めた場合のよくある失敗パターンをご紹介します。まず、家を探すために、駅前の不動産仲介業者さんに行ったとします。すると、大体どこにどんな家が欲しいか聞かれ、次に年収を聞かれるんですね。年収や家族構成などを話すと、あなたの場合はいくらまでローンが組めるので、この値段の物件が買えちゃいますよという話をされます。そして、その価格帯のものをどんどん紹介されます。値段が高いものほどいいものが多いので、ちょっと無理してでも買ってしまう。そして後から住宅ローンの返済額に驚き、思っていた以上に生活がキツくなり、困ってしまうというケースです。こんな風に、買ってから後悔しないようにするために、ライフプランが大切になってきます。やはり、自分の身の丈にあった予算をしっかり把握しておくことが大事ですね。

 たとえ、現時点の貯金や年収からいくと「6千万円のお家でも買えますよ」と言われたとしても、本当に住宅ローンを無理なく返済していけるのかどうかは、ご家庭によって全然違います。奥様の仕事の有無や今後の予定、お子様の人数、今後の教育進路などはご家庭によって違います。相対的に教育費にたくさんお金をかけたいというお考えなら、住宅にかける予算はその分限られてきます。そういった形で、家族が一生涯幸せに暮らしていくため、お客様の夢や希望・今後の生き方を一緒に整理していくのが、ライフプラン相談になります。お客様の今後の収入支出の予定を細かく見ていき、資金面からご希望の暮らしが実現可能かシミュレーションいたします。つまり、お客様と一緒に、未来の見取り図を作っていくんですね。

 ライフプランを作りますと、「無理なく買える住宅購入額の上限」がはっきり分かります。そうすると、例えば、5千万円の物件は無理なく買えるけれども、もし住宅価格が5千5百万円を超えると他のライフイベントにこれだけしわ寄せが来てしまう。それでも踏み切るに値する物件なのか?ということを購入前に考えることができます。ライフプランを作ることで、予算や家を買う目的がはっきりしているので、価格で気持ちがブレたり、「お買い得物件ですよ」と言う言葉に振り回されるということが非常に少なくなるんですね。その結果、満足度が高い住宅取得を実現されたお客様をたくさんみてきました。

安心納得、迷いのない決断のサポート

家計の窓口が物件サポートを始めた理由

家計の窓口が物件サポートを始めた理由

 『家計の窓口』は、ファイナンシャルプランナーの会社ですので、基本のサービスメニューはお金のサポートです。ですから、購入可能な予算を確認したり、資金計画を考えたり、あるいは住宅ローンや団体信用生命保険を選ぶにあたってのアドバイスをしたりいたします。また、団信を組むと生命保険を見直して節約できる可能性があるので、生命保険の確認もします。そういったお金のところを見ていき、最後には確定申告・住宅ローン控除を受けるためのご案内をします。
 けれど残念ながら、お金のところできちんと計画を立てただけでは、お客様が満足できる住まいにたどり着けないケースもあります。相性のよい業者さんと組めず、結果として希望に合った物件に巡りあえないという残念なケースが多々あるのです。希望よりもかなり高い物件を強く勧められ、押し切られて買ってしまう方もいらっしゃいます。ですので、お金のところだけではなく、お客様が安心して任せられる形で住宅取得までできるサービスも必要なのではないかということを考えました。

 今、『家計の窓口』では非常に良心的で、私たちも信頼している不動産業者とだけ提携をしています。もちろん、私たちが家を買う時もお願いしたいと思っているような業者さんです。実際スタッフが住宅を購入する際に仲介をお願いしています。特徴としては、FPが作ったライフプラン、お客様のご希望や将来設計、住宅への予算感といったことを尊重し、理解したうえで動いて下さいます。不動産業者は数多くありますけれど、そこのところは見ずに年収だけみて物件を勧める業者さんが、残念ですけどまだまだ結構いらっしゃるんですよね。そういう業者さんにあたりますと、お客様にとって一番幸せな住宅取得にならないケースがあります。ですので、私たちがある程度応援したり見守ったりできるような形のしくみを作っております。
 住宅購入相談において、物件選びにも弊社のフォローがほしいというご希望を頂いた場合は、信頼できる仲介業者さんをご紹介して一緒にチームで動いています。業者さんを紹介したあと、そのままほったらかしということはございません。要所ごとに、担当のFPがお客様や業者さんと連絡を取り合います。ご希望や予算が変わった場合は、FPが話を聞いてもう一度優先順位を整理したり、ライフプランを作り直したりして、それで進めてよいかということを、一緒に一生懸命考えます。お客様がよくわからないまま重要な判断するということがない形で、ずっとサポートさせて頂いています。あとは、何か事情があってその仲介業者を断りたいとなった場合でも、私たちFPが連絡してお断りしますので、ご安心ください。お客様としてはストレスなくお付き合いができると思います。これが自分から行ったところですと、全部のことをご自分でやらなければいけないですよね。ですので、弊社のお客様には、かなり精神的な負担も少ないということで喜んで頂いております。

 住宅購入の際は、人生でめったにしない大きな決断を、立て続けにどんどんしないといけません。かなり短い期間に、「このお家を買うかどうか?」という決断を迫られます。購入決定後は、住宅ローンをどの金融機関のどの金利で組むかも決めないといけません。住宅ローンが決まったと思えば、次は団信、火災保険…。ということで、今まで全く知識のなかったことを短期間で次々に決断していくことになります。考える期間が数週間、短い時だと数日しかなかったりすることもあるんですよね。そのときに、悔いのない決断をするためのお手伝いをするのが、私たちの仕事です。決断を間違えるときというのは、素早くしたからというわけではありません。正しい決断をするための情報や考え方を知らずに、目をつぶって「えいやっ!」とやると、大間違いをする恐れがあるんですね。

 例えば住宅ローン、金利をどうするか一つにしても、私たちですと過去の金利の動向やどんな金利タイプがあるか、今、多くの方がどういう考えでどういう選択をされているかという、生きた情報を短い期間でお客様にご提示することができます。そうするとお客様は情報を得たうえで、短時間で判断することができるんですね。迷いのない決断のお手伝いができるよう、住宅購入相談では親身になってサポートさせて頂いています。

不動産業者提携の際に重視しているポイント①
 『家計の窓口』で紹介する仲介業者の特徴は、FPへの理解が深いという点です。
 不動産仲介業者さんの中には残念ながら、とにかく買ってもらえる方向にどんどんお客さんを誘導したり、煽ったりするところもあるんですよね。いかに買わせるかという作戦を立てるような業者さんもいます。けれど、『家計の窓口』が紹介する業者さんは、お客様のライフプランが崩れるような物件は逆に買ってほしくないと思ってくれています。数年後にお客様が後悔することのないように、納得のいくいいモノと巡りあって頂きたいという動きをして下さいます。ですから、正直、物件を褒めちぎることは一切しないです。逆に、本当に公平なプロの目から見てくれます。そして、その物件のいいところ悪いところをきちんと教えてくれます。さらに、現地調査や騒音・電磁波などの計測までしてくれます。普通の人が気づかないような物件のリスクがないかどうか、かなりきちんと調べ上げてくれるというサービスを提供して頂けます。
不動産業者提携の際に重視しているポイント②
 『家計の窓口』からご紹介する不動産仲介業者は、もう一つすごく大事なことをして下さいます。それは、重要事項説明の事前読み合わせです。
 これは不動産業者としては手間が増えるだけなので、なかなかやってくれるところは少ないと思います。ただ、自分が初めてお家を買う時を考えてみて下さい。「この物件を買いたい」ということで購入申込を入れます。そして、「あなたに売りますよ」ということになれば、大体1週間か10日後には売買契約に至るのが一般的です。そのときには、契約書を正式に取り交わして数百万円の手付金を支払います。ですから、そこまでいくと後戻りするのは大変です。その契約当日に、通常は重要事項説明書という何十ページもある専門的な内容の説明書の読み合わせをします。そのうえで、質問がなければハンコを押して契約ということになります。でも、普通のお客さんにとっては、人生で初めて見る重要事項説明書です。「この物件はどういう住居地域にあります」「こういう条例の制約がある物件です」など、色んな専門的な記載事項の説明をされても、すぐには理解できないですよね。そんな中で、「みんなこうやって契約しているんだから大丈夫かな…」と思いながらハンコを押して進んでしまう。けれど、相当な情報格差がある中でお客様の理解が不十分なまま契約を進めるようなことがあるとすれば、あまり親切だとは言えないと感じます。
 ですので、弊社との提携不動産業者は、必ず契約当日よりも前に、相手の売主さんがいない状態で、その重要事項の読み合わせをしてくれます。これは業者さんにとっては手間も負担も大きいのですが、お客様に対してはとても良心的なサービスです。契約しないといけないというプレッシャーがお客様にない状態で、きちんと読み合わせをしてもらえます。もし意味のわからないところがあれば、わかるまで丁寧に説明するという作業をして下さるんですね。そうすると、そこで例えば希望に反する重要なことがわかって「この契約は見合わせたいな」ということになれば、お断りがまだ間に合うんですよ。売買契約の前であれば、お金もまだ払っていませんし。これが契約をしてしまった後だと、「やっぱりやめます」というのはかなり大ごとになります。
 一般的には手付金を放棄しないと契約解除はできないため、かなりリスクが伴います。ですから、契約より前に、どういうお家を買おうとしているかをきちんと説明してもらえるというのは、素晴らしいサービスだと感じています。それをやってくれるような業者さんを、お客様には紹介しています。

物件購入サポートができる不動産の種類

 では、仲介業者さんと協力しそういったサポートができる物件の種類をご紹介します。
 『家計の窓口』でサポートできるのは、基本的に、マンション・戸建ての中古物件の仲介、土地から買って家を建てるというときの土地探しの仲介になります。新築になってくると仲介できない物件が多いので、物件選択のところはお客様の方で判断して頂くような形になります。ただ、ライフプランに関わるようなところであればFPとしてサポートしますし、建物インスペクションなど不動産の専門家が必要な場合には随時ご紹介をしています。お客様が納得のうえ決断ができるようにお手伝いをさせて頂きます。

 なぜ、新築の不動産はご紹介できないのかご説明しますね。
 新築に関しては基本的に販売元が直接販売をしています。特に新築マンションの場合はそうです。ですから、仲介業者が入れないところがほとんどなんです。そうすると、当然私たちも、そういう不動産のプロの人を紹介して一緒に進むということができません。ですので、お客様がご自分で物件を調べて判断し、購入して頂くという形になります。
 ただし、新築戸建ての場合、複雑になります。先ほど言ったように、新築マンションは直接販売が多く、基本的には購入サポートはできません。けれど、新築戸建てですと、販売元の売り方が3パターンあって仲介できるものもあります。

  1. 全て自社で直接販売のみ
  2. 販売は不動産仲介業者のみ
  3. 直接販売も仲介販売もする

という3パターンになります。①ですと、弊社では購入はサポートできません。②・③ですと、物件は、中古と同じように不動産の流通ルートに乗りますので仲介業者のご紹介ができます。けれど、仲介してもらうと、当然ながら手数料が発生しますよね。②の場合ですと、仕方ないのですが、③の場合ですと、自分でも直接購入できるのだから、自分で直接購入した方が得だと思われる方がいるかもしれません。けれど、仲介なしの代わりに、その不動産が本当に自分の希望に叶ったいいものかどうかを判断したり、モノの良しあしを判断したりということを自分でしなければいけません。相手の業者さんとの交渉も全部自分で進める必要があります。ですから、それをクリアできる自信がある方、不動産に関しての一定の見識がある方、あるいは家族が不動産に詳しい方でしたら、仲介を通さずにご自分で直接購入もありだと思います。けれど、新築であっても「仲介を通して専門家に価格交渉や物件の調査などを全部してもらいたい」、「適正な報酬を払ってもいい」という方であれば、ご紹介して一緒に探していくということはできます。実際そういう形で新築の戸建てを購入されたお客さんも何人かいらっしゃいますね。

 買いたいものが決まっているけれども、「本当にこれを買っても大丈夫か」「本当にライフプランが成り立つのだろうか」ということでご相談に来られる方も結構いらっしゃいます。今週末売買契約だという急ぎのライフプランシミュレーションも極力お受けしています(毎月件数限定)。あとは物件の方は私たちは専門ではないのですが、明らかにお客様の希望と相違がある物件を無理して買おうとされていたり、転売できるからと勧められて目的がブレたまま買おうとされていたりする場合には、家や予算のご希望をご一緒に再整理したり、コストのところでお客様の盲点になっているところがないかをお調べしたりすることは、新築・中古は問わず行うことができます。

 最近郊外の大規模新築マンションは、なかなか販売に苦戦しているようなんですね。すると、買いやすくするために修繕積立金などが新築当初かなりお安く設定されています。以前購入してよいか相談を受けたマンションの例ですと、最初は月5千円くらいなんですけど、5年ごとにどんどん跳ね上がっていって15年後に月2万円くらいになっていました。固定資産税の負担増も含めると、購入当初より、年間30万円近く負担が増えることが決まっているわけです。それを知った上で購入するのか、よく認識せずに購入するのかでは、家計の未来はかなり変わってしまいます。
 ある程度マンションのことがわかっていれば、購入後のランニングコストなどにも意識が回りますが、そこまで確認されないまま購入決断する方も残念ながらいらっしゃいます。購入時のお金や購入後の家計に少しでも心配のある方は、契約や申込をする前に、一度FPにご相談をされて、本当に購入後に生活が大変にならないかどうか確認して頂きたいなと思います。

希望の家を建てたい方へのサポート

ハウスメーカー・工務店紹介のメリット

希望の家を建てたい方へのサポート

 先ほどの説明は、出来上がったものを買う際の説明になりますが、ハウスメーカー紹介というのは、そうではなくて、取得した土地に希望のお家を建ててくれる業者さんの紹介ということになります。『家計の窓口』では、ハウスメーカーや一部エリアでは工務店のご紹介も行っています。
 例えば、親からの土地があったり、土地から買って自分の希望の家を建てたいということになれば、じゃあどこのハウスメーカーで建てようかなということになりますよね。ハウスメーカーを選ぼうとしたら、普通皆さんどういう動きをされるかというと、住宅展示場に行かれると思います。住宅展示場には色んなハウスメーカーさんの、とても美しい立派なモデルハウスが並んでいます。そういうのを見ながら夢が膨らんでいきますよね。
 『家計の窓口』の場合はどうなるかというと、ライフプランで予算が決定しますと、お客様のご希望・ご要望をもとに一緒にハウスメーカーを絞り込んでいきます。『家計の窓口』では20社ほど取り扱いがありますので、その中でさらにカタログを取り寄せたりしながら、最終的に2~3社くらいに絞り込んでいきます。候補の会社が決まれば、それぞれのハウスメーカーの営業さんに来てもらい、並行で見積もりを作ってもらったり、プレゼンを受けたりするような動きをしております。その際、ある程度実績がある営業さんを紹介してもらうような形にしているんですね。何度もハウスメーカーさんのプレゼンの場に同席して実感していますが、営業さんの腕によってもプランの提案力というのは相当変わってきます。せっかく建てるんだったら、腕が良くて経験豊富な営業さんから家を建てられる方が幸せだと思います。

 実は、ハウスメーカーの場合、最初に担当した営業さんを変えられない、というしくみになっているんですね。例えばモデルハウスに行くと、対応してくださる営業さんがいますよね。その時にそこで対応した営業さんが基本的にずっと担当になっちゃうんです。経験豊富で人気の営業さんは、土日はアポで忙しいんですよね。そういう敏腕の営業さんとはモデルルームでは出会えないことが多いんです。けれど、『家計の窓口』を通しますと、ある程度実績のある営業さんをご紹介してもらうので、それぞれのハウスメーカーのよさを最大限に引き出した提案をしてもらえることになります。そこがお客様にとってメリットだと思います。

 なぜ2~3社に絞り込んで進めることが多いかというと、1社だけですと、その提案がベストであってもお客さんは比較できないのでベストかどうかわからないんですよね。なので、最低2社ぐらい比較をしながらやっていかれると経験値もいい形で高まりながら、ご自分が一番納得のできる間取りや建て方、メーカーというのを選んでいく作業ができるようになります(ご希望のハウスメーカーや工務店が決まっている場合は、1社のみで動くこともあります)。
 そうして、複数社から同時並行でプレゼンを受けていくと、色々混乱してくることもあります。それぞれ素晴らしいご提案をしてもらい、見積もりを頂くんですけど、各社記載の仕方が違っていて、見積書を単純比較ができないことが多いんですね。そこでFPがお手伝いに入ります。各社の見積書を整理し直して、各々のメーカーで家を建てる際の資金計画やランニングコストも算出比較して、予算面できちんと冷静に判断ができるようにお手伝いをしていきます。あとは、ご希望があれば毎回のハウスメーカー営業さんとの打ち合わせに同席をして、時系列での記録、打ち合わせ報告書などをその都度作成してお客様に役立てて頂くというサービスも行っています。

希望の家を建てたい方へのサポート
 お客様のご希望を色々伝えていきますと、各々のメーカーさんから様々なご案内をして頂けます。例えば、壁紙の色やトイレ・お風呂を決めたり、展示場に連れて行ってくれたりします。各社、どんどんアピールしてきますので、そこで精神的にきつくなる方もいらっしゃいます。ですから、もし営業が少し強すぎる場合は、FPの方でセーブして下さいということをメーカーにお伝えます。そして、最終的には1社だけを選ぶので残りはお断りしますよね。せっかく一生懸命親身にプランを作って下さったので、皆さん、断るのがすごくツライとおっしゃいます。けれど、ご自分の希望するところで、希望通りのお家を建てていくのが本筋ですので、FPの方できちんと断りを入れさせて頂きます。ですので、お客様は自分の希望するお家を建てる方にエネルギーを集中して頂くことができます。お断りをしたあとは、しつこく営業をかけないようにこちらからハンドリングすることができますので、お客様にはとてもメリットを感じて頂いています。
 自分でモデルハウスでサインしてハウスメーカーと繋がった場合は、結構、何度断ってもくるという話をよく伺います。ひどい場合は、夜中に何度も営業に来られるので疲れてきて契約してしまったという話を聞きました。そういう風に、本来望んでいない形でお家を建てることが進んでしまわないよう、ご希望通りのお家を手に入れるためにお客様の全エネルギーを使って頂けるようにサポートしていくというのが、このハウスメーカー紹介制度になります。ただでさえ、ハウスメーカーで建てるとなると、材質や壁紙、間取りなど全てを自分たちで決めていくので忙しいです。打ち合わせで数か月はあっという間に過ぎます。選べることが楽しみでもあるんですけど、すごく疲れるんですね。
 ですから、大切なものを決めるところにお客様のエネルギーを使って頂いて、それ以外の煩わしいことにエネルギーを使わなくていいようにするというのが私たちの住宅購入サポートになります。ご利用頂いた方にはすごく喜んで頂いていますね。特に初めてお家を買われる方、あるいはかなりスピーディーに間違い・失敗のない住宅を購入されたいという方でしたら、私たちのサービスはすごくお役に立てるのではないかなと思います。

ファイナンシャル・プランナー ゆりもとひろみプロフィール