お役立ちマネーコラム/お金の基礎知識から最新トピックスまで

家計のマネーコラム一覧

家計

今日からあなたも節約上手!金券・回数券の活用術

今日からあなたも節約上手!金券・回数券の活用術

あなたは節約を成功させる秘訣は何だと思いますか? その秘訣とは『習慣の力を味方にする』こと。無理して節約するのではなく、普段の生活の中へ節約を上手に取り入れて習慣化するのが節約を成功させる秘訣なのです。そこで今回は、節約を習慣化する方法の1つとして、金券や回数券の活用術をご紹介しましょう。

橋本 絵美
  • 買い物する前に金券ショップへGO

駅前などにある金券ショップでは、商品券など様々な種類の金券が額面より安く売られています。割引率は金券ショップによって異なりますが、流通量の多いものですと95%~98%の値段で売られていることが多いです。お目当ての買い物の前にちょっとひと手間…金券ショップに立ち寄って金券を購入し、その金券で支払えば、ちゃっかりお得に買い物ができてしまいます。

ひとことで商品券と言ってもその種類は様々。商品券によって使える店舗、使えない店舗がありますので購入前に確認しましょう。

 

◇全国百貨店共通商品券

http://www.depart.or.jp/common_item_ticket/show

おつりが出て、ポイントがつくことも多いです。ただし、利用は百貨店に限られ、スーパーなどでは使えません。

◇JCBギフトカード 

http://www.jcb.co.jp/card/voucher/gift-card/pop/merchant/index.html

おつりは出ず、ポイントはつきませんが、百貨店を始めスーパーなど全国100万店以上の取扱店で利用可能です。

◇セブン&アイ共通商品券

https://www.7andi.com/company/giftcertificate.html

これはおつりが出ます。セブン&アイホールディングス各店で利用可能で、タバコの購入にも使えます。

 

例えばデパートで50,000円のコートを買おうかなと思っているなら、その前に金券ショップに立ち寄って目当てのお店で使える金券を購入してください。もし98%で金券が購入できたら、50,000円のコートが49,000円になり、浮いた1,000円でランチも楽しめてしまいますね。

食費が月30,000円かかっているなら98%の金券利用で6,000円もお得!! 使わない手はありません。普段利用しているスーパーで使える商品券をチェックしてみましょう。

 

  • 商品券以外でも使える金券は盛りだくさん!

金券ショップでは商品券の他に図書券や切手、ハガキ、レターパック、ハガキの取扱いもあります。通常割引されないこれらの商品も金券ショップならば安く購入できますよ。年末には年賀はがきも店頭に並びます。

 

  • よく電車に乗るなら回数券利用がお得!

電車で出掛けるとき、支払いはピッと電子マネーを利用する方が多いことでしょう。切符を買うより電子マネーで支払う方が割り引きもあり、楽ですよね。ですが、ここでもちょっとお得なひと工夫を。定期を買うほどではないけれど、よく行く場所があるならば回数券利用がお得です。回数券は切符売り場で購入できます。通常10枚分の値段で11枚発券されます。有効期限は3ヶ月です。鉄道会社によっては利用時間等に制限がありますが、更にお得な時差回数券(12枚発券)や土休日回数券(14枚発券)もあります。

 

利用可能な時間の詳細は各鉄道会社で若干異なりますので、下記のHPをご確認ください。

◇JR東日本 https://www.jreast.co.jp/kippu/0702.html

◇東京メトロ http://www.tokyometro.jp/ticket/types/coupon/

◇JR東海  http://railway.jr-central.co.jp/ticket-rule/rule10.html

◇阪急電鉄  http://www.hankyu.co.jp/ticket/kaisuuken/

◇JR九州  https://www.jrkyushu.co.jp/railway/ticket/rule/02/index.html#tickets

 

切符売り場には、色の異なる紙製の回数券ケースが置いてあります。筆者は分かりやすいように通常の回数券、時差回数券、土休日回数券をそれぞれ色の違う回数券ケースに入れ、まとめてパスケースに入れています。行きは朝早いので通常の回数券を利用し、帰りは日中なので時差回数券を利用するなど、さらにお得になるよう工夫をしています。

 

パッと支払うよりちょっと手間かもしれませんが、ちゃっかりお得な回数券、金券。ぜひ利用してみてくださいね。


暮らしのお金についての「困った!」を解決します。