お役立ちマネーコラム/お金の基礎知識から最新トピックスまで

家計のマネーコラム一覧

家計

あなたをマネー美人に変えるお金の使い方

あなたをマネー美人に変えるお金の使い方

収入はなかなか増えないけれど、支出は増えるばかり。そんな状況を乗り切ろうと、主婦のみなさまは、日々節約のために工夫を重ねていらっしゃるのではないでしょうか。実は、節約には良い節約と悪い節約があります。この2つの節約の違いを知っておくと、「暮らしで一番大切なもの」はそのままに、無駄だけ減らすことができるようになるのです。今回は、今日からできる豊かさが増える節約の心がけをご紹介します。

ファイナンシャル・プランナー ゆりもと ひろみ
  • 幸せを減らす間違った節約の仕組み

無駄な支出を省く節約は大切ですが、目的とやり方を間違えると、幸せが随分減ってしまうこともあります。この仕組みをご説明しましょう。

間違った節約をする ⇒ 自分がケチになった気がする ⇒ 自分の値打ちが下がるようなみじめな気持ちがする ⇒ 家計管理自体がイヤになる  

この悪い節約に陥らないためには、別の観点からお金というものを見る必要があります。節約をポジティブな行動を伴うものに変えるのです。

 

  • 達成感を感じられるお金が輝く使い方

それは、「お金を使わないようにする」のではなく、「お金が輝く使い方をする」という発想の転換です。 ダイエット成功の秘訣にも似ていますが、「何かをしない(ガマンする)」というルールより、「何かをする・心がける(よいアクションを決める)」方が、ストレスが溜まりにくく、達成感も得られやすい傾向があります。この法則を節約にも活用するのです。

・同じ1,000円、1万円を、より有意義に使うことはできないかしら?

・自分や家族にとって値打ちのあることに使う方法はないかしら? 

と、常に付加価値を高められないか思考訓練をしながら、経済活動をしてくのです。よいお金の使い方をすることで自分がキレイになっていく、また、この世界も、ちょっぴりキレイにできると思えるなら、みじめさに襲われない生活ができます。

 

  • 豊かさで満ちあふれた世界

心をひろくして考えてみましょう。 大宇宙・世界には、豊かさがあふれています。 まずは、思いつく限りの素晴らしいもの、美しいものを確認してみましょう。

星々の煌き/大自然の繁栄力/太陽の熱エネルギーと、神秘的な力強さ/朝日の躍動感と 夕日の美しさ/連綿と続く動植物・人間の生命の連鎖 

また、人間が生み出した世界を見ても、素晴らしい発明があふれていることに改めて気づきます。

日進月歩する技術力の恩恵による、生活の豊かさ・便利さ・快適さ/近代以前は考えられなかった手厚い福祉/人命や人権に対する敬意/高度な教育を多くの人が受けられること/交通革命によりどこへでも行けること/法律を犯さない範囲での行動の自由 

様々な豊かさが発明され、私たちの生活に恩恵をもたらしています。 そういった、豊かさのひとつの表現形態であり、人類最大の発明のひとつが「貨幣経済」というものです。私たちの人生の自由度を上げてくれた、画期的な発明です。

  • お金の使い方次第で世界が変わる

「お金」が発明される以前は、物々交換でないと、ほしいものを手に入れることができませでした。それが、「お金」という価値の代替手段を使うことで、

・いつでも好きなものを交換できる「自由」

・お金という形で価値を蓄積できる「財力」 

という豊かさが出現しました。私たちは、現在社会で生きていく限り、お金を通した経済活動から逃れることはできません。経済全体から日々影響を受けると同時に、全体の流れにささやかに影響を与えて生きている存在です。私たちの消費活動の選択の集合が、時代や世界を創っていくといっても、言い過ぎではありません。

もし、私たちがくだらないモノ(サービス)、本当は必要ではないモノ(サービス)にお金を使い過ぎてしまうと、そういったお金が輝けないモノやサービスを、提供している企業がシェアを伸ばし、世界がちょっと薄汚れてしまうかもしれません。よいお金の使い方をすることで、よいモノやサービスを提供している会社が発展し、よいものが世界に広がることを、ちょっぴりお手伝いできる、大げさに言えば、世界をちょっぴりよくできる、ということになります。

  • 続けていきたいお金が輝く使い方

お金をキレイに使うというのは、自分の所に縁あってあるお金を、より価値のあるもののために使ってあげよう、感謝を込めて送り出せるものに使おうと心がけることです。この視点で使うお金が増えることは、金額の多寡とは別の次元で、みなさまの経済活動を、豊かで、満足度の高いものにできるはずです。満足度が上がれば、無駄遣いの類は、小さな努力で減らすことができるようになってきます。

「金額相応、金額以上の値打ちがあった」「そのことに使ってよかった」と、感謝や満足感が湧いてくる支払いならOKです。「もったいなかった」「やり直せるなら、そのことには支払わなかった」と思うなら、反省の余地あり、ということです。 その場合は、自分の失敗パターンと、再発防止策にも考えをめぐらせてみてくださいね。「この支払に使ってよかった」と思い出して嬉しくなるようなことって、最近ありましたか? そういった、自分もお金も喜び、キラッと輝けるような使い方を、月に1回でも重ねていけるといいですね。


暮らしのお金についての「困った!」を解決します。